歴史

1953年
ヤマダインフラテクノスの前身「山田ペンキ」を
山田外吉によって創設。主に旧名古屋造船にて造船の塗装に携わる
1960年
東海市上野に本社を移転。旧東海製鐵の建設工事に関わる
塗装工事に参入
1965年
法人会社 山田塗装株式会社を創立
1969年
東海市名和町に新社屋完成
1975年
原子力発電所建設に伴う塗装工事に参入
1985年
原子力発電所定期検査に伴う塗装に参入
1995年
山田博文が社長に就任
建築部門・橋梁部門に参入
リサイクルブラスト装置 考案・開発
2005年
エコクリーンブラスト装置 開発
2010年
循環式エコクリーンブラスト工法
国土交通省「NETIS」登録
2015年
国土技術開発省「地域貢献技術賞」受賞
「ヤマダインフラテクノス株式会社」に社名変更
2016年
グッドカンパニー大賞 受賞
「一般社団法人日本鋼構造物循環式ブラスト技術協会」設立
2017年
愛知環境賞 優秀賞 受賞
 
「チュルイチョンバーブリッジ・日本カンボジア友好橋」施工開始
約60万㎡施工実績
2018年
第45回環境省・環境大臣賞 受賞
現新社屋完成